NEWS

  • イベント

ウェビナー『世界が注目!“ウェルネスシティ” 最前線 〜世界10都市から学ぶ都市DX実践事例を一挙紹介〜』を2021年9月27日(月)13時から開催

データサイエンスで企業と社会の課題を解決する株式会社DATAFLUCT(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:久米村 隼人)は、“健幸”な暮らしを目指すウェルネスシティとその実現に向けたデータ活用をテーマに、無料ウェビナー『世界が注目!“ウェルネスシティ” 最前線 〜世界10都市から学ぶ都市DX実践事例を一挙紹介〜』を2021年9月27日(月)13時からオンラインで開催します(視聴無料、要事前登録)。

■コロナ禍で注目を集める、新しいまちづくり「ウェルネスシティ」

感染症の流行により働き方や暮らし方が一変する中で、心身への健康やより幸せな暮らし方への関心が高まっています。こうした人々の変化を受け、生活の基盤となる「まちづくり」の領域で注目されているのが、身体面の健康だけでなく、人々が生きがいを感じ、安心して豊かな生活を送れるまち「ウェルネスシティ」です。

例えば、街路に緑を植えることで、人々が自然と歩いて移動するようになり、その結果生活習慣病などが改善し行政の医療支出も下がるなど、そこに住むことで“健幸”になれるという新しい都市のスタイルです。

■イベント概要

DATAFLUCTは、今年6月、エリアの賑わいづくりを支援するエリアマネジメントツール「clarea(クラリア)」(https://datafluct.com/lp/clarea/)をリリースし、データを活用したまちづくりの支援を積極的に行なっています。

本セミナーでは、ウェルネスシティ構想を取り入れた海外先進都市の事例を交えながら、データを活用したウェルネスシティ実現のアプローチをDATAFLUCT 代表取締役 久米村とスマートシティ事業責任者の山田が解説します。

【紹介する都市の例】
・デンマーク(コペンハーゲン)
・オランダ(アムステルダム)
・ノルウェー(オスロ)
・スイス(チューリッヒ)
・フィンランド(ヘルシンキ)
・シンガポール
・カナダ(モントリオール)
・スウェーデン(ストックホルム)
・オーストリア(ウィーン)
・アメリカ(カリフォルニア)
※都市は現時点での一例であり、変更となる可能性があります。

<開催概要>
【日時】9月27日(月)13:00〜14:30
【内容】
・今世界が注目しているウェルネスシティとは
・ウェルネスシティの実践-グローバル事例を交えて-
・ウェルネスシティ×データビジネストレンド紹介
・DATAFLUCTのウェルネスシティと今後の展開
【登壇者】DATAFLUCT 代表取締役 久米村隼人、DATAFLUCT スマートシティ事業責任者 山田章人
【配信方法】オンライン(「Zoomウェビナー」を使用)
【参加費】無料(入退場自由)
【お申し込み】URLよりお申し込みください https://peatix.com/event/2939842/

※セミナー後、最大3社まで個別相談会を開催予定です。詳細はURLよりご確認ください。

<このような方におすすめ>
・ウェルネスシティやウェルビーイング(well-being)は聞いたことがあり、具体的に理解したい方
・ウェルネスシティを推進したい自治体・企業のご担当の方
・その他エリアマネジメント・地域活性・地方創生に携わっている方

採用のご案内はこちら