NEWS

  • プレスリリース

当社代表取締役・久米村が、内閣府主催のオンラインイベント『第5回国立研究開発法人イノベーション戦略会議』に登壇

データサイエンスで企業の課題を解決する株式会社DATAFLUCT(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:久米村 隼人、以下「DATAFLUCT」)代表取締役の久米村隼人が、2021年2月4日(木)にオンラインで開催される、内閣府主催のオンラインイベント『第5回国立研究開発法人イノベーション戦略会議』にパネリストとして登壇します。

「第5回 国立研究開発法人イノベーション戦略会議」について

内閣府が主催するオンラインイベント『第5回 国立研究開発法人イノベーション戦略会議』は、グローバルな研究開発体制でのイノベーション推進戦略の検討や、イノベーションシステム構築において国立研究開発法人が果たすべき役割や課題について検討することを目的として開催されます。

久米村はパネリストとして本イベントに登壇し、ポストコロナ時代を見据えたビジョンや、チャレンジ(新たな研究)の方向性について他のパネリストと共にディスカッションいたします。また、本イベントサイト上では、各パネリストの講演動画を視聴することも可能です。

【開催概要】
日  時:令和3年2月4日(木)15:30~17:10
開催方法:オンライン配信(事前登録制、Microsoft Teams使用)
参加費用:無料
参加登録:内閣府 公式ページより(https://www8.cao.go.jp/cstp/stmain/5kokken.html

【登壇者】
久米村 隼人 (株式会社DATAFLUCT 代表取締役)

1980年生まれ。2007年にベネッセコーポレーションに入社後、CRMやダイレクトマーケティングに従事。その後、マクロミル・リクルートマーケティングパートナーズ・日本経済新聞社など複数の企業にて、広告・ヘルスケア・データサイエンスなどの領域で15サービス以上の新規事業を創出。2018年8月、データサイエンスと人間中心設計を軸に新規事業の立上支援を行う「株式会社FACTORIUM」を創業。2019年1月、データとサイエンスの⼒で社会課題を解決することをミッションに「株式会社DATAFLUCT」を設立。同年、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の知的財産や知見を利用して事業を行うJAXAベンチャーに認定。現在、幅広い業界に向けてデータ活用支援・新規事業創出を行う。これまでローンチした新規事業は30を超える。

講演動画について

本イベントの公式サイトにて、各パネリストの講演動画を無料・申し込み不要でご視聴いただけます。DATAFLUCTの講演動画では、データサイエンスの力で社会課題を解決することへの当社の思い、また具体的な事業『DATAFLUCT smartcity series.』についてご紹介しています。ぜひご視聴ください。

【講演動画】URL:http://wwwc.cao.go.jp/lib_006/5kokken/5kokken_6.html

【『DATAFLUCT smartcity series.』について】
都市の課題「防災/環境負荷の軽減」「移動とエネルギー」「にぎわいの創出」を解決し、スマートシティ/スーパーシティの推進とSociety5.0の実現に貢献する12種類のBI/BAツール群です。詳細は公式サイトよりご確認ください。

DATAFLUCT smartcity series. Webページ:https://datafluct.com/smartcity

採用のご案内はこちら