NEWS

  • プレスリリース

DATAFLUCTと東芝デジタルソリューションズ、店舗の来客数予測を最適化する機械学習ソリューションを発表

クラウドデータ基盤と自動化された機械学習を連携させることで、専門家なしに精緻な予測が可能に

 

株式会社DATAFLUCT(本社:東京都千代田区、代表取締役:久米村 隼人、以下DATAFLUCT)と東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:島田 太郎、以下 TDSL)は、店舗単位の来客数予測を最適化する機械学習ソリューションを本日発表します。

本ソリューションは、DATAFLUCTが持つ専門家なしで高度な機械学習を実現する「DATAFLUCT cloud terminal.」と、TDSLが持つリアルタイム分析可能なクラウドデータ基盤「GridDB Cloud [※1]」を連携させることで実現しました。本ソリューションにより、従来は専門家や複雑なデータ基盤なしでは実現が難しかった店舗ごとの来客数予測を、簡単に短時間で行うことが可能になります。

両社は、2020年5月に株式会社東芝が新規事業の創出を目指して開催した「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020 [※2] [※3] [※4]」に参加し、連携を開始しました。その成果が本ソリューションで、今後DATAFLUCTが販売します。

 

これまで、店舗の来客数予測の多くは、属人的な勘や経験によって行われてきました。しかし、社会情勢の大きな変化やそれに伴う消費者行動の変容には対応しづらい上に、周辺環境や客層といった特性の異なる店舗には当てはまらないなど、勘や経験の通用しない時代を迎えています。

このような難局からの脱却を目指す手法のひとつが、データ活用です。データを使って店舗ごとに予測した来客数や客層に合わせ、商品発注量の調整や陳列タイミングなどで的確な意思決定を行い、売り上げの最大化を図ります。

ところが、蓄積されたデータの分析が不十分だったり、データの構造がバラバラで分析に活かせなかったり、データサイエンティストが不足していたりすると、高精度の予測モデルを作成できません。

それらの課題を解決するため、「DATAFLUCT cloud terminal.」と「GridDB Cloud」を組み合わせ、自社データ、外部データを用いた高精度の予測モデルの作成を実現しました。

これにより、簡単かつ短時間での店舗ごとの来客数予測や消費者の購買行動分析ができるようになりました。

本ソリューションのリリースに伴い、PoC(概念検証、proof of concept)に適用した結果をまとめたホワイトペーパー「店舗単位の来客数予測を最適化する最新機械学習アプローチ」を作成しました。本ソリューションが、店舗運営にどのような効果を与えるかについて、ケーススタディと共にご紹介します。

●DATAFLUCTサイト
https://datafluct.com/lp/cloudterminal/topics/whitepaper-sales-forecast-datafluct-griddb.pdf

●TDSLサイト
http://resources.griddb.com/whitepaper/pdf/whitepaper-sales-forecast-datafluct-griddb.pdf

また自社の事業に機械学習による予測を活用したい方々向けに、より確かな予測を行う上で重要となるポイントをご説明するオンラインセミナーを5月19日(水)に開催します。下記サイトから申し込み可能です。

●オンラインセミナー申し込みサイト
https://datafluct-griddbcloud-0519.peatix.com/

これからも両社は、発電予測や故障予兆検知など、さまざまな分野で機械学習を使った予測システムを提供していく予定です。

 

株式会社DATAFLUCTと「DATAFLUCT cloud terminal.」について

DATAFLUCTは、「データを商いに」のビジョンのもと、データから新たなビジネスを創出し、企業と社会に価値を生み出すデータサイエンス・スタートアップスタジオです。衛星画像からPOSデータまで幅広い分析実績をもち、技術やデータにこだわらず、業界をこえたアルゴリズム構築が可能です。多彩な自社サービス開発の知見を生かしたDX支援のほか、データ活用でSDGsに貢献することを目指し、ビジネスと社会貢献を両立させる新規事業開発にも取り組んでいます。

「DATAFLUCT cloud terminal.」は、AWS、Azure、GCPのマルチクラウド環境に自社データをアップロードするだけで、簡単・安価・スピーディーにAutoML(自動化された機械学習)でモデルの構築およびデータ分析ができる機械学習プラットフォームサービスです。AutoMLにかかる時間を短縮できるほか、機械学習や深層学習の知識の少ないユーザーでも、高精度な機械学習モデルを作成できます。

 

東芝デジタルソリューションズ株式会社と「GridDB」、「GridDB Cloud」について

東芝グループは、製造業として長年にわたり培ってきた幅広い事業領域の知見や実績と情報処理やデジタル・AI技術の強みを融合し、サイバーフィジカルシステムテクノロジー企業として成長することを目指します。東芝デジタルソリューションズ株式会社は、デジタルソリューション事業領域の中核企業としてデジタルトランスフォーメーションを推進し、システムインテグレーションおよびAI・IoTを活用したサービスソリューションを提供します。

「GridDB」は産業や社会を支える多種多様なシステムを構築・運用してきた知見・実績を基に、当社が開発したスケールアウト型データベースです。 膨大な時系列データを効率よく蓄積し、高い性能をスケーラブルに発揮できます。「GridDB Cloud」はGridDBをパブリッククラウド上のマネージドサービスとして提供するクラウドデータ基盤です。クラウドネイティブなアプリケーションとの連携を促進します。

 

※1:2021年4月6日発表ニュースリリース
ビッグデータ・IoT向けデータベースのマネージドサービス「GridDB Cloud」の販売を開始
~ データベースの構築や監視・運用の手間を省き、クラウドネイティブなアプリケーションとの連携を促進 ~
https://www.global.toshiba/jp/company/digitalsolution/news/2021/0406.html
(東芝デジタルソリューションズ)

※2:2020年4月6日発表ニュースリリース
「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020」の募集を開始
当社グループの先端技術、顧客ネットワークを活用した協業機会を通じて応募企業の事業拡大・加速を積極的に支援
https://www.global.toshiba/jp/news/corporate/2020/04/pr0601.html (株式会社東芝)

※3:2020年7月13日発表ニュースリリース
「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020」参加企業18社と協業検討を開始し、プログラムが本格スタート
産業・社会を進化させるビジネスソリューションを共創し、参加企業の事業拡大・加速を積極的に支援
https://www.global.toshiba/jp/news/corporate/2020/07/pr1302.html (株式会社東芝)

※4:2021年3月16日発表ニュースリリース
「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2021」の募集を開始
当社グループの先端技術、顧客基盤を活用して応募企業の事業拡大・加速を支援
https://www.global.toshiba/jp/news/corporate/2021/03/pr1602.html (株式会社東芝)

*GridDBは、東芝デジタルソリューションズ株式会社の日本における登録商標です。
*Amazon Web Services、AWS、および”Powered by Amazon Web Services”ロゴは米国およびその他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
*Microsoft、Azure、および”Azure”ロゴは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
*Google Cloud Platform (GCP)、および”Google Cloud Platform (GCP)”ロゴはGoogle LLC の登録商標または商標です。

採用のご案内はこちら