データサイエンスで企業の課題を解決する株式会社DATAFLUCT(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:久米村 隼人)は、リアルタイムの位置情報データを活用した分析により、新規店舗の出店や不動産価値の推定を可能にする受託開発型の商圏分析サービス『DATAFLUCT area-marketing.』(データフラクト エリアマーケティング)の提供を開始いたします。
本サービスは、当社が展開する“ビッグデータ分析を用いた未来予測による、企業経営上の意思決定を推進するためのデジタル・トランスフォーメーション(以下「DX」)“を支援するDXサービス事業「DATAFLUCT DX series.」(データフラクト ディーエックス シリーズ)の第2弾サービスとなります。

■『DATAFLUCT area-marketing.』について

『DATAFLUCT area-marketing.』は、出店場所が売り上げを大きく左右する飲食・小売業の店舗開発・販売促進・顧客データ分析・カニバリゼーション分析のほか、不動産物件の価値推定・予測、金融などにも応用可能な、ビッグデータを活用した商圏分析サービスです。商圏分析は、あらゆるリアルビジネスの方向性を検討するための重要な要素ですが、DATALFLUCT data platform.の様々なデータ(モバイル利用状況、位置情報、気象、統計情報、不動産情報、イベント情報、駐車場情報、競合店情報、SNS等)を活用することで、安価で高度な未来予測が可能になります。
さらに、新型コロナウィルス等の感染症の影響により店舗環境・人流・消費形態が大きく変わった今後のビジネス展開においては、これまでの経験や土地勘による判断では不十分であり、リアルタイムのビッグデータを活用した分析・意思決定は必須といえます。

1.低コストで導入可能なビッグデータ商圏分析
自社だけで様々なビッグデータを収集し分析するには、大きなコストとノウハウが必要となります。弊社はこれまでさまざまな非構造データ、オルタナティブデータ等の収集、蓄積・分析、活用などのフルスタック・データサイエンス・テクノロジーを駆使し、多くの企業のビジネスを支援してきました。このノウハウ・知見等を生かして、クライアント企業が保有するデータを掛け合わせることができれば、低コストかつ予測精度の高い分析結果を得ることが実証されています。
また、本DX支援サービスでは、SaaS型の分析サービスと異なり、クライアント企業のビジネスモデルに合わせて、追加のデータ収集を行い、オリジナルの予測モデルを作成することで、経営に活かせるニーズに合った分析結果を提供可能です。

2.リアルタイム・ビッグデータ活用
DATAFLUCT data platform.(DATAFLUCT社が保有するデータ基盤)を活用すれば、株式会社NTTドコモのモバイル空間統計データ※ や位置情報データへの連携が簡単に実現できます。
データ連携によって、1時間単位の人流データによる分析が可能となり、下記のような施策に活用できます。
・1時間前の駅の乗車人数の変化に応じた価格変動施策の実施
・1週間後の店舗の来店数を予測した仕入れの最適化

3.オルタナティブデータを活用した競合の売上・経営状況モニタリング
近年、自社の売上予測のためのデータ活用だけでなく、ライバル店のモニタリングのための位置情報活用が進んでいます。こうした位置情報ビッグデータは、オルタナティブデータと呼ばれ、経済活動を代替している市場の先読みデータとして活用することが大きなトレンドになりつつあります。
例えば、位置情報ビッグデータと弊社保有データを掛け合わせて他社の売上・客数などを予測する弊社の独自技術により、精度の高い競合対策が可能になります。

【想定利用業態等サービス概要】
◆飲食店・小売店:
・新規出店検討のための空き店舗の売上を推定
・既存店舗周辺の商圏ポテンシャルを推定し、効果的な宣伝や人員配置を検討・競合店舗の売上
・経営状況を推定し、自社の経営やM&Aの検討材料として活用

◆不動産業:対象となるエリアのポテンシャルを推定し、投資判断に活用
◆土地・建物オーナー:所有する土地、建物周辺のポテンシャルを推定し、適正な価格で売買・賃貸経営
◆金融業:対象店舗の売上を推定し、貸付の検討材料として活用

【サービス利用イメージ】
1)対象物件のポテンシャルを推定
対象となる物件の情報を入力することで、その物件に出店した場合の売上、周辺の競合・自社店舗の位置、人流ヒートマップなどを表示。

2)競合情報の推定
エリアが近い、商圏が似ているなどの特徴をもつ競合について、客数・入店率・客単価・売上などの情報を推定し表示。