農産物の仕入れに役立つ収穫&価格予測サービス
2020年2月リリース        
お問い合わせ
※イメージ画像は開発中のものであり、リリース時とは異なる場合がございます。
AIによる農地衛星画像・気象・価格データ解析で、原料調達に関わる収穫量・収穫日・市場取引価格を予測し、仕入れコストダウンが可能です。
衛星画像データのAI解析により、契約農家が栽培する野菜について「収量予測」「収穫日予測」「生育状況モニタリング」「異常検知」を可能にします。
過去の市場取引価格および気象データをAIによって解析することで、将来の市場取引価格を予測し、提供します。
生産品目としてキャベツ、レタス、ハクサイ、ダイコン、タマネギ、ニンジンなどの土地利用型作物が解析対象となります。

BENEFITS

離れた場所でも
現地の生産情報を把握
現地の農家とコミュニケーションの必要なしに、離れた場所でも現地の生産情報を把握することができます。
過去データに基づく
市場取引価格の予測情報
市場取引価格の予測情報を確認し、これまでよりも早い段階で原料調達戦略を検討でき、コスト削減につながります。
事前に原価の見通しを
立てやすく
原料を仕入れる前に原価の見通しを立てやすくなります。

CONTACT

お名前

御社名

メールアドレス

内容

ご入力していただきました個人情報については、ご本人の同意がない限り、 お問い合わせに回答する目的以外に利用することはございません。