フードロスに特化した店舗支援AIサービス
お問い合わせ
DATAFLUCT Foodlossについての資料請求・お問い合わせはこちら。
食品スーパー向け、
データ活用により食品廃棄ロスを解決
店舗のPOSデータや気象・人流などの外部データ活用により、食品廃棄ロス削減に特化した精度の高い需要予測モデルを構築します。データに基づき、店舗オペレーション(発注・値引・棚割・仕入れ 等)を改善することで食品廃棄の最小化と売上の最大化を実現します。

BENEFITS

廃棄ロスの最小化と
売上の最大化を実現
需要予測モデルやダイナミックプライシングの活用により、発注の手間やミス、廃棄を減らすことで店舗売上に寄与。
データに基づく
オペレーション改善
データに基づくことで、日々のオペレーション(発注・値引・棚割・仕入れ 等)を改善し、適正化することが可能。
店舗特化型の
アプリケーション開発
店舗ごとのPOSデータを学習することで、店舗に特化したアルゴリズムとアプリケーションを提供。

FEATURES

需要予測モデル
POSデータと外部データ(天気・人流・店舗立地 等)を活用した店舗ごとの需要予測モデルにより発注量を最適化
ダイナミックプライシング
売上をあげる発注構成と、値引のタイミング・金額・数量を最適化し無駄をなくす
未来予測(雨天アラート)
突然の気象変化により、売れ残る可能性の商品を事前に予測し、値引きタイミングを最適化
ダイナミックシール
値引きの最適化だけでなく、値引シールを工夫することで、販売機会を最大化
データの見える化
本部は各店舗の売上や廃棄等の状況確認し、店舗は売り切るための的確なタイミングや値引額等を通知

VALUES

Society
食品廃棄ロスの削減により、ブランド力や顧客満足度を向上
Company
  • 廃棄ロスを削減し、機会ロスを軽減することで売上を最大化
  • デジタル価値を認識し、他業務へのAIやIoT等の技術導入が促進
  • Store
  • 店舗ごとにデータに基づくオペレーション改善が可能
  • 発注ミスや手間を減らし、売れ残りを防ぐことで店舗売上に貢献
  • COMPARISON

    他社製品
    リアルタイム解析
    (1回/日)
    (1時間単位)
    フードロスに特化
    発注量の最適化のみ対応
    値引や棚割まで一貫して支援
    利用料金
    初期費用 数千万円〜
    +ランニングコスト
    1店舗あたり数万円/月〜 *
    ※ 別途、システム連携費用が必要

    CONTACT

    お名前

    御社名

    メールアドレス

    内容

    ご入力していただきました個人情報については、ご本人の同意がない限り、 お問い合わせに回答する目的以外に利用することはございません。