モビリティサービス(MaaS)のための
リアルタイムマップ基盤
ドライブレコーダーの画像、交通系IoT、街角の画像などから特徴量を抽出し、リアルタイムでダイナミックマップを自動生成します。
歩行者密度、工事日程、道路状態、事故情報、GS価格情報、駐車場情報などの蓄積したデータはモビリティサービス業者間で共有することで、スマートシティの実現を支援します。

CONCEPT

MaaSが増えれば増えるほど、多種多様な
情報が必要になり、
鮮度の高い地図データの更新が
求められます。
しかし、静的な地図情報のデータだけでは、モビリティサービスの体験が十分とは言えません。
DATAFLUCT mobility.は、増え続けるモビリティサービスの情報アーキテクチャを設計し、モビリティエコシステム全体が快適になる社会を作ります。
AIドラレコやIoTをフル活用して、リアルタイムマップ基盤(産業用のダイナミックマップ基盤)を生成する仕組みを開発します。

CONCEPT IMAGE

DATA

データ収集する項目
ドライブレコーダーによる収集
混雑情報、工事情報、ガソリン価格、気候、道路の状態など
IoT(カメラ・センサ)
駐車場情報、店舗情報、交通量など
地図情報
カーナビ情報、SNS情報など

USE CASE

01
計画策定
空間データと街角分析を活用することで、運行計画に関するインサイトが手に入ります。

街角の歩行者分析、継続的に更新されるアーカイブ画像により、政府と不動産管理者がスマートな都市計画が実現できます。
02
路地回避
カーナビにデータを取り込むことで、ルート回避を実現できます。
03
雪道検知
気象ビッグデータと画像データにより、凍結予測モデルを構築できます。
04
ガソリン価格
リアルタイムでガゾリン価格の変更が共有されるので、ドライバーにGSの選択権を手にれることができます。
05
駐車場検知
駐車場の空き情報をリアルタイムで共有することができます。
実証実験パートナー募集
車にドライブレコーダー+通信機器をつけてデータ収集に協力してくださる企業様を募集します。
モビリティサービスが使いやすく当たり前となるよう官民の連携も推進しています。

CONTACT

お名前

御社名

メールアドレス

内容

ご入力していただきました個人情報については、ご本人の同意がない限り、 お問い合わせに回答する目的以外に利用することはございません。
詳しくは本サイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。