2020/09/08

コンパクトシティを推進する衛星データを活⽤した都市⽴地適正化サービス。

SDGsに取り組む自治体や民間企業様向け、都市課題を解決する最先端のプラットフォーム

衛星データや⼈流データ、過去の災害履歴といった様々なデータを活⽤することで、機械学習等によって市街地拡散、管理放棄地、二酸化炭素排出量、災害リスクなどの課題を特定します。
>>DATAFLUCT aline.デモページはこちらから

国勢調査によると、2050年には、全国の居住地域の約半分で⼈⼝が50%以上減少し、特に⼈⼝規模が⼩さい市区町村ほど⼈⼝減少率が⾼くなるとされています。そのため、ある程度の人口がまとまって居住し、無秩序な市街地拡散を防ぐことで、財政面・経済面・環境面・生活面において利点が生まれるコンパクトシティが推奨されています。
コンパクトシティの実現にあたっては、適切な立地適正化計画の策定や住民との合意形成などPDCAを回す上でデータに基づいた定量的分析・評価などデータ活用ニーズが高まっています。こうした背景を受け、DATAFLUCTは、衛星データや⼈流データ、過去の災害履歴といった様々なデータをクラウド上に蓄積するデータレイク*を構築し、分析・シミュレーション・レポート作成・検知などをブラウザ上で簡易的に行えるSaaSを開発いたします。