エム・データとメディアの影響力をリアルタイムに反映する需要・トレンド予測サービス開発に向けた協業を開始

最新アルゴリズムと外部データを活用した需要予測サービス「Perswell」と、テレビ番組やCMの情報を独自にサマリー化した「TVメタデータ」を組み合わせ、メディアの影響力を反映した未来予測を可能に

データサイエンスで企業と社会の課題を解決する株式会社DATAFLUCT(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:久米村 隼人、以下DATAFLUCT)は、テレビの放送内容をテキスト化した「TVメタデータ」を提供する株式会社エム・データ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:薄井司、以下「エム・データ」)と、テレビ放送などのメディアの影響を反映した需要予測・トレンド予測サービスの開発に向けた協業を開始します。

協業の背景

エム・データは、東京、名古屋、大阪地区、BS局のテレビ局で放送されたテレビ番組やTV-CMを、テキスト・データベース化して「TVメタデータ」を構築しています。人々の情報感度のポイントは、今なおテレビが占める要素が大きく、テレビで発信された情報で人や物が大きく動くことから、「TVメタデータ」は宣伝や集客、流行のリサーチなど多角的なシーンで活用されています。

DATAFLUCTは、「データを商いに」をビジョンに掲げ、埋もれていたデータから新たな価値を生み出すデータビジネスパートナーです。「Perswell」は、過去の需要実績データだけではなく、新型コロナウイルス感染症陽性者数、天気予報データ、近隣イベント情報など最新の外部データを活用できる機械学習アルゴリズムにより、高い予測精度を実現する需要予測ソリューションサービスです。本サービスの提供で、自社にデータ活用人材が不足している企業でも受発注数予測や配送計画最適化、人員配置最適化を可能にし、利益最大化と持続可能な選択を支援してまいりました。

この度の協業は「メディアが持つ影響力をデータで可視化し、新たなトレンドや需要を予測することで、企業・生活者・環境にとってより良い関係性を作り出したい」という両社の思いが一致し、両社の知見・実績によるシナジー効果が見込めることから、実現しました。


今後の展開

「Perswell」の未来予測に、ユーザーの自社データ、天候やイベントなどのオープンソースデータ、エム・データが保有する「TVメタデータ」を活用することで、これまで定常的な把握や計画的な販売戦略の判断材料として活用が難しかったテレビ放送に関する情報を反映することが可能となり、より高度で幅の広い費用対効果分析や需要予測モデルの構築が可能となります。

さらに、消費者の興味・関心度合いを測る指標としてSNSや検索データなどを連携させることで、需要予測からより高度なトレンド予測へと発展させるモデルの構築も目指します。

テレビ放送の情報をリアルタイムに反映した「Perswell」の未来予測を活用することで、小売業ではより計画的な仕入れや在庫管理や効果的な棚割り陳列が可能となり、テレビの影響による商品の動きに対して売り上げの機会損失を回避することができます。また、チラシやPOPなどによる来店者への情報展開といった販促にも応用可能です。メーカー企業では、前述のような売り場での売り上げ効果最大化施策のほか、商品開発の材料、また、広告宣伝や販促マーケティング施策としても活用できます。

当社とエム・データは、本事業で企業の売り上げの最大化や広告宣伝・販促マーケティング施策を支援すると同時に、仕入れや販売のロスの削減、人員配置の最適化という形で持続可能な社会の実現にも貢献します。

株式会社 エム・データ 代表取締役社長 薄井司氏からのコメント

この度のDATAFLUCT様との取組みにおいて、生活者とテレビ(情報)のコンタクトポイントを増やし、番組やCMへの関心を高めると共に、リテールDX、リテールメディアへの貢献を期待しております。同時に、テレビメディアの価値を高め、買い物体験のリッチ化を実現します。今後もTVメタデータとDATAFLUCT様のソリューション連携を進化させ、様々な予測や、テレビとリテール連携によるマーケティング効果の拡張で業界貢献を目指します。

株式会社DATAFLUCT 代表取締役CEO 久米村 隼人からのコメント

より高精度な需要予測を実現するために、トレンドや世の中の動きを迅速にキャッチできるTVメタデータに出会い、エム・データの皆さまと意気投合しました。両社が手を組むことで、メディアデータの新たな価値を生み出し、企業にとっては最新のトレンドを自社の需要予測に活用できる環境を提供します。新しい視点の未来予測を実現することで、企業・生活者・環境にとってより良い関係性を生み出すことを目指します。

参考情報:「Perswell」について

「Perswell」は、社内にデータサイエンティストがいなくても、高精度の需要予測モデルを利用でき、作業工数の削減や、予測精度の改善によって欠品・余剰・在庫回転率および配送計画を改善できるサービスです。様々な外部データを活用できる最新の機械学習アルゴリズムを手法に採用することで、従来の「古典統計」では不可能だった外部要因を考慮した高精度の予測を実現しました。

現在は卸売業を中心に、需要予測と外部データを活用した「廃棄・廉価販売の削減」「調達輸送の最適化」「配送計画および配送ルートの最適化」などに活用いただいています。
 
 「Perswell」サービスサイト:https://go.datafluct.com/perswell
 

参考情報:「TVメタデータ」について

株式会社エム・データでは、関東・中京・関西エリアのテレビ局で放送されたTV番組やTV-CMを、テキスト化・データベース化して「TVメタデータ」を構築しています。当社データセンターでは常時40名前後の専属スタッフが24時間365日「いつ」「どこで」「何が」「どのように」「何秒間」放送されたかを、当社オリジナルのデータ収集システムを使用しデータの生成を行なっております。TVメタデータは主に4種類に区分し、「①番組データ(番組放送内容)」「②CMデータ(広告出稿内容)※主要BS局および全国全地上波をカバー」「③アイテムデータ(番組で紹介された商品情報)」「④スポットデータ(番組で紹介された店・宿・観光地等の情報)」で構成され、ローデータサービスの他に、ランキングコンテンツや調査・集計・分析等のレポートサービス、分析結果を基にしたコンサルティングサービス等があります。
 

株式会社エム・データについて

株式会社エム・データは、テレビ放送(番組およびCM)の放送実績を独自にテキスト化したデータベース「TVメタデータ」を生成して、調査・分析・配信を行なっている、2006年に設立されたデータプロバイダ・リサーチカンパニーです。2014年1月に、民放キー局(在京5局)等と資本提携し、デファクトスタンダードなデータベースを構築しており、主なサービスには、番組やTV-CMの放送内容を詳細に記録した「TVメタデータ」を提供する「①データ配信サービス」、お客様のご要望に応じて調査・分析を行なう「②放送実績調査サービス」、放送された話題を露出・報道量等で集計したランキング形式で配信する「③ランキングサービス」、「TVメタデータ」を基点としたビッグデータ解析ツール「④TV Rank」の提供や企業のマーケティング支援、メディアコンサルティング業務等があります。